規制が厳しくなった携帯電話の料金プラン

規制が厳しくなった携帯電話の料金プラン

携帯電話の料金の裏ワザなどがいろいろありますが、転売屋がMNPで儲けを出しそうな料金プランシステムがあり、最近はこれらの部分の規制が厳しくなってきています。一番厳しくなったのは、MNP時の手数料や解約料金などです。また、3円運用などに使われる割引サービスなども、適用などのハードルが高くなりました。しかし、キャリアごとの競争も激しいので、新しい割引サービスを始めては、規制されるという繰り返しが多いです。また、データー通信の世界では、MVNOなどの格安データ通信SIMを提供するところも増えてきて、データー通信の料金が割高な携帯各社には、料金改定の動きもあります。個人でも、データー通信の利用度の高いユーザーには、上限突破する可能性などもあり、MVNOや2台持ちにより割引サービスなどを利用して、データー通信のクオリティーをキープする動きもあります。新しい技術では、4Gの10倍速いデーター通信の開発が行われており、ドコモなどは4Gで苦戦しているため、ここで商機を見出したいものです。日本の携帯での音声通話は、世界でも割高なため、LINEなどの無料通話アプリの利用度が年々高まってきています。そのためには、より充実したデーター通信環境や、フリースポットとなるWIFI環境が必要になりますが、フリースポットも日本は遅れているとの声もあります。

関連ページ

スマートフォンの無料通話アプリで通話料節約
携帯電話にはフィーチャーフォンとスマートフォンがあります。フィーチャーフォンでは通信会社各社は基本料の中に無料通話分が入っていました。この無料通話分があることによってイベントで連絡だけに使う場合は大変
携帯電話の通話料・料金プランについて
この半年程から携帯電話が、スマートフォン化され料金プランが、どんどんと改訂されて居ります。 携帯の電話番号の使用基本料金であつて、通話使用料金は別となって居り、インターネットの使用また別の請求、
毎月の携帯電話料金
私は、docomoのXperiaを使っています。使い始めてもうすぐ1年くらい経ちます。 毎月携帯料金は、1万円いかないくらいです。 料金プランは、通話料は、毎日旦那さんくらいしか電話をかけたりしな
携帯電話の料金プランや通話料の仕組みは複雑ですよね
表題どおり、僕は携帯電話の料金プランや、通話料の考え方についての仕組みはとても難しいと思っています。 というのも、料金プラン以外にもオプションを含めると、多種多様な料金体系があり、どれが一番お得なの
ホーム RSS購読 サイトマップ