スマートフォンの無料通話アプリで通話料節約

スマートフォンの無料通話アプリで通話料節約

携帯電話にはフィーチャーフォンとスマートフォンがあります。フィーチャーフォンでは通信会社各社は基本料の中に無料通話分が入っていました。この無料通話分があることによってイベントで連絡だけに使う場合は大変利用価値がありました。連絡を無料通話の中で完結させれば基本使用料の日割り分だけの負担で済むのです。
個人でフィーチャーフォンを利用する場合でもあまり電話をかけなかったり、着信の方が多いというケースでは無料通話分に収まってしまうこともあります。その様な利用であれば低い料金で収まります。
スマートフォンになって通信会社各社は無料通話を無くしました。スマートフォンはフィーチャーフォンに比べてデーターの送受信量が多いので無料通話を設ける程の余裕は無かったためです。
スマートフォンの料金は通話料を除いて6,000円近くなります。24か月使用を約束して基本料が0円になりますが、それでも5,000円を超えます。フィーチャーフォンの1.5倍程になります。ここに通話料が加わりますから毎月の請求額は1.5倍では収まりません。
スマートフォンでは同じアプリ同士であれば無料通話が可能です。同じアプリでない場合は定額料は必要ですが何処にかけてもIP電話と同じ通話料のアプリがあります。そのアプリをインストールしてすこしでも通話料を安くしたいものです。

関連ページ

規制が厳しくなった携帯電話の料金プラン
携帯電話の料金の裏ワザなどがいろいろありますが、転売屋がMNPで儲けを出しそうな料金プランシステムがあり、最近はこれらの部分の規制が厳しくなってきています。一番厳しくなったのは、MNP時の手数料や解約
携帯電話の通話料・料金プランについて
この半年程から携帯電話が、スマートフォン化され料金プランが、どんどんと改訂されて居ります。 携帯の電話番号の使用基本料金であつて、通話使用料金は別となって居り、インターネットの使用また別の請求、
毎月の携帯電話料金
私は、docomoのXperiaを使っています。使い始めてもうすぐ1年くらい経ちます。 毎月携帯料金は、1万円いかないくらいです。 料金プランは、通話料は、毎日旦那さんくらいしか電話をかけたりしな
携帯電話の料金プランや通話料の仕組みは複雑ですよね
表題どおり、僕は携帯電話の料金プランや、通話料の考え方についての仕組みはとても難しいと思っています。 というのも、料金プラン以外にもオプションを含めると、多種多様な料金体系があり、どれが一番お得なの
ホーム RSS購読 サイトマップ